スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    (005) 目標を持たない生活は生きがいが半減する

    ジェームス・アレン(作家 1864 ~ 1912)は<原因と結果の法則>でこのように言っている。
    『人間を目標に向かわせるパワーは、「自分はそれを達成できる」 という信念から生まれる。疑いや恐れは、その信念にとって最大の敵である。』

    すべての人間にとって目標を持つことは重要であり、そして自分に対して一定の制約を設けることで生きがいを感じられるるように思える。制約があった方がモチベーションも高まるように思う。10年先20年先の目標も大切であるが、当面の目標を定めてまずは動き出さなければならない。
    また歳を経て現役を離れてからも、生きがいを持って晩年を生きるためには、高齢であればあるほど目標を定めて生きることが大切ではなかろうか。悲しいかな、人間は最後の最後まで努力しないと、生きがいは感じられないもののようである。

    001-02.jpg
    パリ・モンマルトルのカフェ

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    電子出版


         ● Kindle, iPad, スマホで読む
    パソコンで読む             
      目次  
    メインのホームページ
    パソコン操作関連のWebサイト http://21hobo.com
    メールマガジン購読
    カテゴリ
    検索
    管理画面
    記事一覧
    全記事

    全記事の目次を表示します

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。