【シニアの生活】 NO,3 =日本人と Facebook (ソーシャルメディア)=

    Facebook はアメリカで生ました。 Facebook は参加者各自が本名を用いて自己主張を行うソーシャルメディアの代表的ツールです。アメリカ人は自己主張に対する欲求が強い国民と言われます。アメリカの歴史は広い荒野を開拓して国を作り上げてきたと言うフロンティア・スピリッツが精神の根底に流れていると言われます。そのため強く自己主張することが生きていくための重要な要素の一つになっていると言うことでしょう。。

    アメリカ的という言葉をよく耳にします。アメリカ的と言った場合の一つの要素として、物事の良し悪しを判断する際「強いこと、明るいこと、積極的なこと」 これ等を良しとする、といった単純化された図式が日常生活の上でアメリカ人の感覚を覆っていることではないか思われます。

    それに較べて日本人の場合は、古来から「謙遜」を美徳とし、自己主張することにためらいがあります。しかし第2次大戦の敗戦後の日本は強力にアメリカナイズされてきたため、本来の日本人の体質とは裏腹にアメリカ的な考え方を是とする雰囲気が醸成されてまいりました。

    アメリカ的考え方が良くないというわけではありませんが、長い間に培われてきた日本人の民族的性向がそうそう簡単に変われるものではありません。そのうち死語になるかもしれませんが、内面的には「阿吽(あうん)の呼吸」という言葉に代表されるような、純日本人的感覚が無意識のうちに日本人の体質としてまだまだ根強く残っているように感じられます。

    今後民族の融合が進んで行けば、長い時間をかけて日本人の民族的性向も少しずつ変化して行くことでしょう。しかし経済的グローバリゼーションが如何に進もうとも、民族の性向がそんなに簡単に変われるものではありません。

    今 SNS の代表格である Facebook が世界的に急拡大しております。日本でもここ1,2年拡大を続けておりますが、ことFacebook については諸外国に較べはるか遅れていると言えるでしょう。遅れていることが悪いと言っているのではありません。

    Facebook は実名でどんどん自己表現していくところに、良くも悪くも Facebook の特性としての意味があります。基本的に日本人は自己をさらけだすことに強く抵抗を感じる民族だと思います。今後 Facebook が日本で伸びたとしても限界があるように私には思われます。

    しかし、クラウドや SNS(Facebook) などが今後私たちの生活に大きく影響してくることは否めない事実であります。又これ等が今後の世界的なネット社会の変化の鍵を握るもののようにも思われます。そのため日本人的性向を生かすことの出来る Facebook の活用方法を編み出すことが必要ではないかと思います。<


    ----------------------------------------------------------------------


    日本は高齢化がますます進んでおります。高齢者は日本社会の大きな一翼を担っており、故に高齢者もそれに見合った責任も持たなければなりません。高齢者はデジタルメディアに対しての抵抗が強と言われます。高齢者が新しいことを習得することは体質的に難しいことは良く分かりますが。高齢者と云えども、ここは今一つ己のため社会のため、新時代のメディアに自分を慣れさせる努力が必要ではないでしょうか。

    関連記事

    テーマ : 暮らし・生活
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    電子出版


         ● Kindle, iPad, スマホで読む
    パソコンで読む             
      目次  
    メインのホームページ
    パソコン操作関連のWebサイト http://21hobo.com
    メールマガジン購読
    カテゴリ
    検索
    管理画面
    記事一覧
    全記事

    全記事の目次を表示します

    QRコード
    QRコード