【シニアの生活】=NO,11  定年後の自分が見えない

    定年後の自分が見えない

    定年が後数年と近づいてくると、(何の仕事をしようか? 年金でどんな生活ができるのだろう? 果たして仕事はあるのだろうか? 人とのつきあいはどうなるのだろう? 自分は何歳くらいまで生きるのだろう? 病気はしないだろうか? 生活のレベルはどう変わるのだろう? 有意義な人生を送ることができるだろうか?)などなど、ふと頭をよぎることになるでしょう。

    しかし、そのことをじっくり考えてみても、なかなか自分の形が見えてきません。仮に定年後の仕事が決まっていたとしても、定年になると自分を取り巻く世界が一変するわけですから、自分の姿を感じ取れるまでにはならない人が多いと思います。

    人間は未来を生きることはできません。未来は想像することだけしかできないので、自分を実感として的確に捉えることはできないのです。今を生きるしかないのです。やはり今を真剣に生きることを考えることが一番なのでしょう。とは言え、定年後の生活も現実のものとして迫ってくるわけですが、やはり将来のことを考えざるを得ません。

    定年後を準備する意味おいて、定年後にやってみようかと思うことを、形式にとらわれずに何でもかんでも逐一メモに書き留めていってはどうでしょうか。そして折にふれメモしたことを見ながら、あれこれと思考を巡らします。このようなことを繰り返し行っていくことで、少しずつ将来の自分を捉えていくことができるようになるのではないでしょうか。
    そして可能であれば、今の段階で思いついたことに対して弊害が生じない程度に、手を出して探ってみます。

    少しでも具体性を持つことができるように自分に働きかけていくことで、将来の自分を現実の問題として感じとることができるように思います。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    電子出版


         ● Kindle, iPad, スマホで読む
    パソコンで読む             
      目次  
    メインのホームページ
    パソコン操作関連のWebサイト http://21hobo.com
    メールマガジン購読
    カテゴリ
    検索
    管理画面
    記事一覧
    全記事

    全記事の目次を表示します

    QRコード
    QRコード