日々感ずることごと

    <2017.11> ・20世紀に発表された情感豊かな優れた映画音楽や軽音楽も、近世のクラシック音楽と同様に未来に亘って視聴されるであろう。

    <2017.11> ・人間はある時期が来たら、過去の自分を超越して新しい人格に脱皮しなければならないのかもしれない。

    <2017.11> ・日本が鎖国をしていなかったら、今頃どうなっていいただろう。(歴史に「たられば」は無いが)

    <2017.11> ・日本人は世界の中で特殊な民族なのだろうか?

    <2017.11> ・一生を通して「私に人生は幸せだった」と言える人が、どれほどいるだろうか。

    <2017.09> ・人は日々、休みなく何らかの行動なり思考なりを行っているものである。人間は一瞬たりとも何もせずに生きることはできない。

    <2017.09> ・よく「政権交代の受け皿を」と言われるが、正しい自民党であればそれで良いのでは。
    そのためには正しく監視する野党勢力が必要ということでしょう。無理して「受け皿」を作る必要なないのでは。

    <2017.09> ・テレビで料理番組を多く見かけるが、美食を求める人はいつも食事に対して満足感が得られていない人なのだろうか。

    <2017.09> ・フロイトによれば、人が日々追及しているものは(満足と幸福と快楽)らしい。生きる世界が違えば、これらの内容も随分違ったものになるのだろうなあ。

    <2017.09> ・昔から気になっていた小説、フランス(18世紀前半)王政復古の時代を背景にしたバルザックの代表作「ゴリオ爺さん」を読んだ。あらためて世界の歴史に思いを馳せながら、今も変わらぬ人間模様を味わう。

    <2017.09> ・人は睡眠中以外は、意識するしないにかかわらず何らかの行動を(考えていることも含めて)しているものである。
    時には「無」の境地でありたいものだ。「無」の境地を認識することは「無」でなかったことになるので、これは不可能。
    でもひょっとして、気づかずに「無」になっていることもあるのだろうか?

    <2017.09> ・終活をやるなら早めに始めたがよい。自然と新しい生き方を考えようとするから。

    <2017.09> ・過去を振り返ると、くだらない自分が目に付く。

    <2017.09> ・ネットで本を読むよりも、紙の本が安心感があって落ち着く。

    <2017.09> ・以前から気になっていた、バルザックの「ゴリオ爺さん」(フランス19世紀の主要な小説)を、ネット朗読で読んだ。

    <2017.09> ・人間はしだいに自分の殻を作り上げて行く。時には違う自分の可能性も試してみたいものだ。

    <2017.09> ・人間は誰しも自分を中心として今の時代を捉えているものである。
    歳を経て時の移り変わりを感じるようになると、過去の歴史というものにあらためて対峙するようになるのではないだろうか。
    これから50年100年300年と時が移った時、現代はどのように捉えられているだろうか。

    01.jpg


    <2017.08> ・人は調子に乗りすぎたときに失敗する。

    <2017.08> ・「ことごとなす事なくして、身は老いぬ。」徒然草ーーー同感

    <2017.08> ・人間は青春期の感情や行為と、晩年の行為と行動が、最終的にその人の人生を決するように思う。

    <2017.08> ・人間の深層意識には常に形而上的命題が横たわっているので、無意識のうちにこれが解決を図りたいがために、人は現実の世界で未知なることに一生懸命になれるのではないだろうか。

    <2017.08> ・夜夢を見る。(昔の腹立たしいことや自分の不甲斐なさが、脳裏をかすめる。)

    <2017.08> ・最近、人の世のむなしさをつくづく感じる。

    <2017.08> ・年齢を経てきたら、自分に勝つことを意識することが必要のようだ。

    <2017.08> ・人は、昨日の言動に思いを馳せ反省するものである。

    <2017.08> ・日々新たな喜びを求めるよりも、反省する必要のない「昨日」を送れたことに、幸せを見出すことができるだろうか。

    <2017.08> ・自分はこれまで本当の自分を生きてきたのだろうか?

    <2017.08> ・人は皆周りの評価を気にしながら生きている。

    <2017.08> ・人の生き方として孤独に勝るものなし。

    <2017.08> ・人の好き嫌いは、まず直感、そして人の噂話に大きく左右されるものである。

    <2017.08> ・何のかんの言っても、自分の一生は幸せだったと思える人がどれほどいるだろうか。

    <2017.08> ・相手にくつろぎを与えない人。周囲にくつろぎを与える人。




    テーマ : 思考
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    電子出版


         ● Kindle, iPad, スマホで読む
    パソコンで読む             
      目次  
    メインのホームページ
    パソコン操作関連のWebサイト http://21hobo.com
    カテゴリ
    検索
    管理画面
    記事一覧
    全記事

    全記事の目次を表示します

    QRコード
    QRコード