【Windows10 - 18】 Win10 で簡単にスクリーンショットを撮ることができるようになった

        スクリーンショットとは、今パソコンの画面に表示している画面をそのまま画像として保存することである。

    Windows10 では、これらの操作を簡単に行うことのできる Snipping Tool というツールが「アクセサリ」の中に組み込まれている。・・・(Snipping=切り取る) ・・・

    左下の検索窓(虫眼鏡)に Snipping Tool と入力して、ツールを呼び出すこともできる。
    【Win10-18】スクリーンショット-01



    通常の使い方

    目的の画面を表示する → Snipping Tool を起動する → 新規作成▼ → 切取りの型を選ぶ → 切取りのアイコン【十】が表示される

    【Win10-18】スクリーンショット-02 


    遅延タイマー機能を使う
    このツールには 「遅延タイマー機能」 が付いており、例えば 「ドロップダウンメニュー」 などをキャプチャする際は、ツールを起動するとこれが消えてしまうが、「遅延タイマー機能」 でこれを消さずにキャプチャすることができる。
    【Win10-18】スクリーンショット-03 
    遅延タイマーを使う手順】

    遅延<5>に設定 → 新規作成(切取りの型を選び)をクリック → 直ちに(5秒以内に)目的の 「ドロップダウンメニュー」 などを表示する → ちょっと間を置くと切取りのアイコン【十】が表示される

    【Win10-18】スクリーンショット-04
               (ドロップダウンメニュー)の例






    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    電子出版


         ● Kindle, iPad, スマホで読む
    パソコンで読む             
      目次  
    メインのホームページ
    パソコン操作関連のWebサイト http://21hobo.com
    カテゴリ
    検索
    管理画面
    記事一覧
    全記事

    全記事の目次を表示します

    QRコード
    QRコード