スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【社会】  私見 『中世日本の自由・平等・平和について (現代社会を考える一助として)』

    中世日本

     『中世は人々が「個」に目覚め、新たな共同社会を形成して行った過程と考える』

     中世初期の頃は、強いものの自由であり一般人にとっての自由とは、生命をも保証されないという、かなりの制約を受けるものであった。自由が保証されない社会は人間の生存が脅かされる社会でもあり、人々はその不安から逃れようと生存のために田畑(土地)を確保することを意識するようになった。言わば土地を所有することが自由を確保することに繋がり、そのため「所有権」という権利を意識するようになった。当時はまだ所有権という概念は未成熟であったが、次第にその成熟をみるとともに、個人の土地所有が進むようになった。

     また、人々に自由の意識が敷衍されていくとともに貴族社会との差別を強く意識するようにもなり、また強く平等を求めるようになっていった。中世の初期は公権力がそれほど強くなく、人々の土地所有を保証する力は弱かった。土地の所有が不安定な状態であれば「個」の自由も確保されないこととなり、そのため「自由」を担保するため自己所有地の拡大を求めると同時に、個人個人がそれぞれに権力を求めるようになっていった。しかして、人々が自由と平等を希求した結果、諸処に権力を持った人々が群雄割拠し、その内、戦国大名と言われる形が出現するようになってきた。言わば戦国時代と言われる、過去のシステムを打ち破る時代が到来した。

     人々は自由が保証され平等で平和に生きていくために、自由そのものとは一面矛盾することであるが、確たる公権力に裏打ちされた共同社会を求めるようになった。そこに信長という強烈なリーダーが現れ、それを引き継いだ秀吉により当時の共同社会(国)の統一が確立された。その後、平和のために一定の制限を甘受した「個」の自由を確保しながら、日本特有の「和」の精神を基盤とした平和な共同社会(江戸時代)が築き上げられて行った。この時代、飛躍的に人口の増加をきたしているが、これは平和であることの証左であると言われている。中世期は、日本的な「個」と「共同社会」の確立が進化した時代だったと言えるのではないだろうか。

    --------------------------------------------------------------------

     一方ヨーロッパ中世においても、ほぼ時期を同じゅうして激しく個の確立が進展していった時代と考えられる。日本と違い、民族間、国家間、宗教の違いにおいて激しい対立がくり返された。そのため、理性を働かせて共同体精神を培いながら、個の欲求(自由)を確立していった。したがって、日本の「和」を中心にした「個」ではなく、「個」を中心に据えた共同社会が確立されていった。それとともにヨーロッパでは最先端の科学と社会制度が進展していくこととなった。

     その後日本においては、徳川時代の平和でやすらかな時代がつづいた後、明治維新を迎えてヨーロッパの科学と制度を取り入れることとなった。しかし精神面においては、長期に亘って「和」に基づいた平和な共同社会を築いて来たため、個人主義的ヨーロッパ社会と同化することを良とせず、「和」の精神は現代へと引き継がれて行くこととなった。

     ヨーロッパ的共同精神社会の是非はともかく、今後ますますグローバル化が進んでいくと思われる世界において、日本人に根付いた「自由・平等・平和」の考え方について、今一度思考しておくこともあながち無益なことではないようにと思う。

    中世ヨーロッパ



    スポンサーサイト

    テーマ : 日本の未来
    ジャンル : 政治・経済

    【社会】  尖閣問題は 「棚上げ」 で無く 「現状維持」 で

    尖閣諸島

    野中広務元官房長官は先般北京で開いた記者会見で、日中国交正常化(1972年9月)の直後、正常化交渉にあたった当時の田中角栄首相から、「尖閣諸島問題の棚上げを日中双方が確認した。」と聞いた、と発言した。
    <しかし、もし日本が「棚上げ」の意思表示をすれば「領土問題は存在しない」との従来の主張は崩れることになる。>

    近年尖閣諸島への中国の領空・領海侵犯が繰り返され、時には日本側との一触即発の状態が生じる状況にある。野中元官房長官の尖閣に対する今回の発言は、この危険な状況を避けたいとの一心の思いから、あえて「棚上げ」に言及したものであると思われる。

    中国は近年驚異的な経済成長を遂げた。いかに貧富の差があろうとも、戦乱によりこの現在の経済状況を無に期するようなことは避けたいのが心情であろう。我が国とて戦争を避けたい心情は同じである。 「尖閣くらいのことで戦争まで発展することはないだろう。」と、一抹の不安を抱えながらも日中両国とも、やや高をくくっているように思われる。しかし、歴史をひもとくに、時として人間は感情をコントロールすることができなくなり、(結果は火を見るより明らかであっても)理性を超えて戦争に突入する。人間はそれほど愚かな心情をも、持ち合わせている。

    将来中国の一党独裁が崩れたとしても、ここまで上昇した経済が簡単に崩れ去ることはないであろう。また中国に大いなる政変が生じたとしても、長年国民にうえつけられた「反日」の火がそうそう簡単に消え去るものではないだろう。(今はまだ想像すらできないが、)どんどんグローバル化が進み、よほどの時間が経過し世界の国民国家のありようが変化しない限り、我が国に対する中国の言動は現況のままであろう。

    中国の言動がいかに理不尽であろうとも、これをただ突っぱねるだけで戦争の危険性を除去できるものではない。世界の歴史は理不尽であるが故に戦乱にまみえた歴史ではなかったか。このまま一触即発の危険性を除去することなく双方の言い分だけを主張しあいながら放置しておくと、いつか取り返しのつかないことにもなりかねない。ごく最近、中国側から尖閣についての「棚上げ論」が発せられたやに聞く。我が国としては尖閣の領有権を「棚上げ」にするわけには行かないだろうが、紛争を避けるために「現状維持」の状態を続けることは可能ではないだろうか。

    我が国としては現状のままを保持し、今尖閣に自衛隊を配置するなどの特段の措置は講じない。中国としては、「接続水域」からは空も海も日本側には進入しない。このような話し合いを進めることは出来ないものだろうか。今はこうして時間を稼ぐしか方法がないのではないだろうか。

    時代が進み物心両面から両国間の親交が深まり、長い長い年月を経て日中両国の現在のぎくしゃくした状況が、いつしか忘れ去られる日が来ることを真に待ち望みたい。

    テーマ : 身近なトラブル
    ジャンル : ライフ

    【社会】  「中国メディア」 の報道に見る中国人民の考え方

    先般「中国メディア」から下記のような記事の報道がありました。中国専門家ではありませんが、一市民としての感想を記してみたいと思います。

    --------------------------------------- ↓記事↓ ---------------------------------------

    【我が国はなぜ周辺国と「近いのに親しくない」のか=中国メディア】

    中国メディア・新華網は17日、「中国と周辺諸国との『近いのに親しくない』状態をなぜ解決することができないのか」とする専門家の評論記事を掲載した。 記事が紹介したのは、中国公共外交協会の宋栄華事務局長による評論。宋氏は、中国は陸上で14、海上で6つの国と隣りあい、そのうち多くの国にとって中国が最大の貿易パートナーであると紹介。

    そのうえで「建国以降善隣友好を旨とする対周辺国対策を続けてきたにもかかわらず、日本、ベトナム、フィリピン、モンゴル、ミャンマー、インドなど周辺国と『近いのに親しくない』状態が一向に解決できないのはなぜか」と問題提起した。

    疑問に対して宋氏はまず、歴史的な原因を挙げた。「歴史的な領土問題の解決は各国の利益の再配分につながるため、解決に向かう中で力比べや争いが自然と発生する」とし、時には「優位に立つために、各国は地域外の力を呼び寄せて中国と争おうとさえするのだ」と論じた。

    宋氏は次に、驚くべき急成長を遂げて世界や地域の経済的地位が高まった中国に対して、一部の「戦略家」が「果たして中国に世界を統治できるのか」という疑念を持っており、中国の力を分散させるために周辺国と摩擦を起こさせていると指摘した。

    宋氏はこのほか、中国の対周辺外交の柱が単一的であること、経済を重んじる一方で戦略や文化をおろそかにしてきたこと、マクロ的視点が欠けていることを主な原因に挙げた。
    --------------------------------------- ↑記事↑ ---------------------------------------


    記事の中に『果たして中国に世界を統治できるのか』との一文がありますが、このような感覚の受け取り方をするということは、やはり昔から中国人の考え方としてよく言われる「中華思想」の現れなのではないだろうか。「中国は世界の中心であり、いずれ世界を統一するものである」と言った思想が横たわっているように思われる。

    過去、清朝の時代から長きにわたり先進諸国から踏みにじられてきた中国の歴史を思えば、その反動もあるのかもしれないが、「中華思想」が根強く残っている限り、近隣諸国とうまく付き合っていくことはむずかしいのではないだろうか。そんな気がします。
    いかに経済発展をしようとも、この思想を打ち砕いて進んでいかない限り、永久に世界から孤立することになるのではないだろうか。

    china1910-s.jpg

    【1910年当時の中国勢力図】
    画像は Chronicles より
    (クリックすると拡大されます。)

    【社会】  中国の反日教育に思う

    反日教育


    中国は鄧小平の改革開放政策により一党独裁を維持しながら、経済の面では市場メカニズムや民営企業など資本主義的要素を積極的に導入し、経済成長を続けている。鄧小平の後を継いだ江沢民は「反日教育」を徹底した。「反日教育」打ち出した第一の理由は、天安門事件やベルリンの壁崩壊、ソビエト崩壊などによる世界的な共産党政権の民衆による 崩壊を、中国が回避するためでもあった。

    第二の理由は、いずれ独占資本主義が経済格差を生み、共産主義一党独裁にする国民の反抗が強くなることを想定して、反抗の矛先を反日に向わ せガス抜きをすることが得策と考えていたのであろう。(現在がその真っただ中にあると言える。)
    いわば姑息な手段を取ったと言うことである。しかしこのような国家指導による反日教育が、将来 国家自体が崩壊の憂き目合う遠因になるのではないだろうか。

    本来人間は怨念や恨みを心に抱きつづけることは、心に一種の苦しみを抱えることである。
    国家がかかる心情を国民に植え付けてきたとしたら、国家自身が自国民を冒涜してきたことになる。もしこれからも長期にわたって反日教育を続けて行った場合、大衆も教育も進み中国人自身が理性的に(何故反日教育なのか?)を問うことになるでしょう。

    反日感情が、実は国から植えつけられたものだということを国民が理解したとき、不満の矛先は共産主義一党体制に向かうことになり、国家は瓦解へ向かうことになるのではないだろうか。そうなった場合、反日教育は国が天に唾したこととなるのであろう。

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    【社会】  尖閣問題と日本人の気持ち

    尖閣


    =尖閣諸島問題について今後我々はどのように対処して行くのか=

    今私たちは尖閣問題についてどう対処したら良いものか、多くの人が思いを巡らしているのではないだろうか。「あの島に完全武装した自衛隊を置き、少しでも領海侵犯をするよう船があったら武力を行使してでも即刻逮捕する。」このような行動を取ることが出来れば気持ちもすっきりするのだろうが、これは明らかに戦争を惹起することでありこのような行動は取れない。かと言って「手をこまねいていたのでは、ひょっとしたらこの島を取られてしまうかもしれない。」と言った不安もある。このように何ともすっきりしない、もやもやした気持ちを持っている人が多いのではないだろうか。

    人間は感情の動物です。かと言って、感情をむき出しに生きることは出来ないので、意識するしないに関わらず日々妥協を続けながら生きております。どんなに我儘な人だと言われる人でも、どこかで妥協しながら生きております。しかし、時として理屈では分かっていてもそれを超える感情の強さが争いを引き起こしてしまいます。これは国家の場合も同じことが言えます。
    残念ながら、歴史が証左するように世にトラブルの無い世界はなく、現にイスラム地域においては絶えず争いがつづいております。

    争いを続けている国の大多数の人々は、何とかこの争いを終わらせたいと内心では祈っていることでしょう。しかし理性を越えた報復の連鎖で、争いを終えることが出来ないのが現状です。また国家間の争いの原因の多くが領土問題であり、領土問題は強くナショナリズムを刺激します。

    領土問題は国家の主権にかかわる問題であり、たとえ僅かな領土と雖も頑として護らなければならない。
    個人間でも昔から土地境界の問題は争いごとの元となりました。土地は人間存在の基盤であり、その所有物を僅かでも脅かされることは、自分の存在を否定されたように感じるのではないだろうか。そのためお互いに(こんなわずかな領土などで争うことは理に合わない)と理性では解っていても、感情的にはどうしても後に引くことが出来ない。

    尖閣問題は日本・中国共に一歩も後に引くことはないでしょう。尖閣諸島は日本が実効支配している。今ここで(自衛隊を常駐させる)などと言った行動を日本が取った場合、先方がどんな対抗措置に出るか全く予想はつかない。

    よく、(こちらが強く出れることにより先方を牽制することが出来る)などと言う考え方をする人がいます。現に今の日本ではその考え方を取らないのは弱腰だとの雰囲気があります。しかしこれは間違いです。相手国を刺激することは相手国民を刺激することです。仮に国民が暴徒化した場合、政府が如何に理性的に対処しようとも何が起こるかは誰も保証できない。そこで偶発的な発砲事件などが起これば、これをきっかけに自ら応酬の連鎖に引き込まれることとなります。そしてこれが戦争に繋がって行く。
    人間はこのように愚かな性分を持ち合わせているものです。

    尖閣問題については長い長い時間がかかるかもしれませんが、いま性急に解決を求めるべきではないと思います。
    両国とも尖閣諸島を今すぐに解決しなければならないほどの困窮は無いと思います。これが争いごとの種で無くなるのが100年かかるか200年かかるかは分かりませんが、いまは棚上げしておくことがもっとも利口な方法だと思います。

    かと言っていつ何時不測の事態が発生しないと言う保証はないので、それに対応できる程の防衛体制は整えておくことが必要であり、又我々国民も平和ボケとそしられ無いように、有事の事態もあり得ることをきちんと認識し毅然とした覚悟の気持ちを持ち続けることが必要だと思います。挑発をするのでもなく挑発に乗るのでもなく、国民全員が毅然とした意志を持ち続けることが、不要な争いを避けるとともに国民の利益を守ることになると思います。

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    【社会】   子どものいじめについて思う =2(「いじめ」はみんなで共有する)

    子どものいじめ自殺の問題について各所で真剣に論じられております。非常に悲しく難しい問題です。ただその論点の多くが、被害者を如何に救うことが出来るかに多くの焦点が合わされているようです。確かに被害者を救済することは第一に考えることでありますが、同時に如何にして「いじめ」が発生しないようにするか、この対策が重要であることは言うまでもありません。

    「いじめ」の理由はいろいろあろうかと思います。
    -----------------------------------------
    他人をいじめて快感を感じる。
    また自分の不幸を認めたくなくて、かわりに他人をいじめて自分をごまかす。
    ストレスのはけぐちとしていじめる。
    人をいじめないと自分がいじめられるかもしれないので、その恐怖心からいじめる。
    自分がいじめられた腹いせに関係のない他人をいじめる。
    家庭で強く抑圧を受けていることが理由で、心のバランスを保つためにいじめの行動をとる。
    劣等感から他人を攻撃しいじめる。
    自分のふがいなさから自虐的な気持ちで人をいじめる。
    -----------------------------------------
    いろいろな理由が想定できるのではないかと思います。

    人間に聖人君子を求めても能うことは出来ません. 人の集うところ大なり小なり 「いじめ」 はなくならないでしょう。「いじめ」 感情を発生させないような雰囲気を作ることが大切だと思います。

    「いじめ」 の兆候を、教師・生徒・父兄共々なるべく早くとらえて、その対策を講じることが肝心かと思います。そのためには、「いじめ」 の兆候を教師・生徒・父兄で共有することが、まずは最も必要なことではないでしょうか。

    まずは、すべての教職員がこの問題に深くかかわることが必要でしょう。仮に 「いじめ担当の先生を決める」 とした場合、面談による相談やカウンセリング的なことまで1人で担当すると、判断をが偏ってくるしまた担当の先生に重圧がかかりすぎて難しいのではないか思います。

    いじめ相談の 「メール受付のみの担当」 とした方が良いのではないでしょうか。メールは匿名可として、受信したメールは秘密保持のもと、全教職員に配信して即座に話し合いを持ち対応する。

    生徒からの申し出も以外にも、教職員の誰かが 「いじめ」 の兆候を感じたら直ちに(毎日でも)教職員全員でそのことを共有します。その上ですべての教職員で対策を話し合います。
    こうしてみんなで共有して事に当たることが肝心かと思います。

    教職員全員が常時いじめの兆候に対して、物理的にも精神的な面からも気持ちを傾けます。小さなことも見逃さず丁寧に素早くみんなで取り組んでいくことにより、いじめられる側もいじめる側も、共に救って行くことが出来るのではないだろうか思うのです。

    一市民として、何とか 「いじめ」 の状況を減ずることは出来ないものかとの思いから綴ってみました。

    続きを読む

    テーマ : 生き方
    ジャンル : ライフ

    【社会】  子どものいじめについて思う =1(学校の授業に「やさしい哲学」の授業を)

    子どものいじめ対策に、学校の教科に(やさいい哲学)の授業を取り入れたらどうでしょうか。

    現代は「哲学不在の時代」と言われます。また「哲学」と聞けばなんとなく(訳のわからない難しいこと)と一般にはなじみの薄いものかと思いますが、そんなに難しく考えることはないと思います。哲学は人間と世界を考えることであり、まずは 「自分はなぜ存在しているのか」 を考えることであり、正面から自分と向きあうことだろうと思います。
    不断はあらためてこのようなことを考えることはないと思いますが、「人間の存在考える」訓練をしておくことで「いじめ」の感情を減ずることができるような気がします。

    現在これに近いものとして 「道徳教育」 があると思いますが、その捉え方や視点はさまざまだと聞きます。心の教育に国家が深くかかわることについて、愛国心教育の義務化や特定の価値観の強制を危惧し(押し付ける。押し付けられる。)と言った感覚から、疑問を訴える声が特に学校現場に多いと聞きます。

    将来、子どもたちが社会の一員として生きていく上で道徳心や規範意識は不可欠なものです。 「哲学(人間の存在を考える)」 ことは真善美を追及することにつながり、当然善悪や道徳を考える倫理の問題も包含されることになりますので、その中で自ら道徳心や規範意識も学んでいくことになると思います。

    哲学的思考を訓練することで、自分と向き合いながら広く深く自分や世界をとらえて考えることが出来るようになり、真の人間の生き方や人間の尊厳を意識することが出来るようになるのではないかと思うのです。
    自分の尊敬を意識することができれば、人をいじめることなどできなくなります。

    「哲学」は結論を得るものでありません。ただ 「考える」 ことが哲学であるわけですが、このような授業を積み重ねていくことで、 「いじめ」 の発生を減ずることが出来るのではないかと期待するのです。
    (やさしい哲学)の授業が、授業科目の一つに取り入れられることを推奨したいと思います。

    テーマ : 生き方
    ジャンル : ライフ

    【社会】  Facebook は新時代の「世間」を形成する。

    「世間体」「世間知らず」「世間話」などと世間という言葉は良く使われます。また「世間を騒がす」 「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間を広げる」「渡る世間に鬼はない」「世間に対して申し訳が立たない」などといったフレーズもよく使われます。これからは新たに「Facebook世間」という新語が加わることを期待したいと思います。

    昔私たちが子供のころは近所のつながりはとても深いものでした。それ故お互いの家庭の状況が大変よく分かっておりました。今では地方社会と云えども様変わりしており、近所づきあいは極めて希薄です。そのためマスコミでもよく孤独死が報道されますように、近所で互いに助けあうことが非常に難しい状況になっております。「向こう三軒両隣」的なコミュニティ社会が物心両面で人々の生活に大きく寄与するものであることは、誰もが承知しているところであります。

    私たちはそれぞれにいろいろな「世間」を持っております。仕事という世間、学校という世間、趣味のサークルという世間など、一人の人間がいろいろな世間に関わっております。さらに、近所づきあいという極小社会の世間があります。今では希薄になったこの極小社会が大きな力を発揮することのできる「世間」の一つであろうことはいうまでもありません。

    そこで、今日本でも急激に参加者が増大している Facebook を地域コミュニケーションツールとして生かすことが出来るのではないかと思うのです。Facebookにはグループ機能というものがあり、そのグループ内だけでの交流を図ることが出来ます。Facebook のグループ機能を使って新しい「向こう三軒両隣」を形成することが可能になるのではないでしょうか。

    Facebook では、基本的には「今何してる?」という問いかけに対して自分の近況を実名で投稿します。日常の会話や独り言を書き込んでもらうことにより、近くて遠い存在であった隣人もお互いに意識するようになるでしょう。それがきっかけでリアルの場面で結びつき、そしてまたネットで結びつく。この繰り返しによりお互いの結びつきが深まっていくことを目指していきます。誰かの投稿が途絶えたり、投稿の内容を見て困っていそうなときは、他の誰かがその人を訪問する。こうして助け合いの輪を強くしていく。これが Facebook世間の目標です。

    地域グループ内の交流を図ることにより、Facebookの特性としてリアルの世界ではなかなか見えなかった部分まで見えてくるようになります。たとえば(個人の趣味趣向、日常の関心ごと、日常の行動パターン、困っていること、本人の健康状態)等などお互いが良く知るところとなり、地域共助に大きく寄与することが期待できると思います。新しい時代の新しい「世間」の在り方として、「Facebook 世間」が今後の社会に大きな変化を及ぼすことを期待します。

    又新時代のご近所Facebookを上手く運用するためには、それぞれの地域に Facebook 指導者を置き Facebook 研修会を実施する必要性も生じてくるでしょう。パソコンが使えない人でもiPadなどのメディア機器を使えば、誰でもFacebookに参加することが出来ると思います。官民共同で地域助け合い、加えて独居老人対策にもFacebookを活用することが出来るのではないかと思います。

    テーマ : 高齢者居住環境を考える!
    ジャンル : ライフ

    電子出版


         ● Kindle, iPad, スマホで読む
    パソコンで読む             
      目次  
    メインのホームページ
    パソコン操作関連のWebサイト http://21hobo.com
    カテゴリ
    検索
    管理画面
    記事一覧
    全記事

    全記事の目次を表示します

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。